スプレーするだけで毛穴の黒ずみをしっかり落とすことができる「ととのうみすと」。

 

天然成分のみだから、敏感肌や肌荒れの人でも安心して使えます。

 

では、ニキビ肌の人でも使用できるのでしょうか?

 

そこで今回は、ととのうみすとはニキビ肌でも使えるのか、ととのうみすとでニキビは改善できるのか、調べてみました。

 

 

ニキビには種類がある!

ニキビは、症状によって大きく4つの種類に分けられます。

 

白ニキビ

白ニキビは、初期段階のニキビです。

 

毛穴が閉鎖された状態で毛穴に皮脂が溜まっている状態です。

 

痛みはなく、ポツンと白い点が小さく盛り上がっているように見えます。

 

黒ニキビ

黒ニキビは、毛穴が開いて空気に触れたことで酸化してしまった状態のニキビです。

 

先端が黒くポツンと見えるため、ホクロやシミと間違いやすいです。

 

白ニキビ、黒ニキビは、まだ軽い段階なのでセルフケアで十分治せます。

 

ただ、間違ったケアをするとさらに悪化し、どんどん治りにくくなってしまいます。

 

赤ニキビ

赤ニキビは、皮膚が赤く腫れあがった重度のニキビです。

 

ぷくっと赤く腫れているため、ニキビの中でもっとも目立つタイプです。

 

毛穴に詰まった皮脂を栄養源としてアクネ菌が増殖、炎症を起こしています。

 

赤ニキビになると痛みやかゆみを伴うこともあります。

 

ばい菌が入ったら化膿してしまうのでつぶさないようにしてください。

 

化膿ニキビ

赤ニキビの炎症がひどくなったニキビの最終段階です。

 

アクネ菌の増殖により熱を持ってしまい、黄色い膿が出てしまいました。

 

化膿ニキビになると赤みだけでなく、痛みを伴います。

 

ふくらみが白く見えるのは毛穴内部で膿を持った証拠です。

 

赤ニキビ、化膿ニキビになってしまったら、セルフケアはやめて、皮膚科など専門機関へ行って治療してもらうことが大事です。

 

ニキビは徐々に進行していくもの

このようにニキビの症状は、段階を踏んで徐々に進行していきます。

 

ニキビは、ポツポツと突然できるものではありません。

 

毛穴の奥深くで密かにできて、徐々に目立ってくるもの。

 

「これくらいなら大丈夫だろう」とニキビを軽視し放っておくと、気が付いたときにはもう取り返しのつかない状態まで進行してしまう場合も多いです。

 

ニキビの症状に気が付いたら、適切なケアを早めに行うことが大事です。

 

 

高校生などに出る思春期ニキビの原因

10代の思春期時に発生するニキビを「思春期ニキビ」と呼びます。

 

主にTゾーン(おでこから鼻回り)にできやすい特徴があります。

 

思春期ニキビの原因は、皮脂の過剰分泌です。

 

思春期に入ると性ホルモンや成長ホルモンの働きが活発化し、これらのホルモンが皮脂腺を刺激して皮脂を増やします。

 

大量に分泌された皮脂は毛穴に溜まってニキビを発生させます。

 

思春期ニキビを予防や改善するには、朝晩の洗顔を十分に行い、肌を清潔に保つことが大事です。

 

また、化粧水などで十分に保湿ケアを行うことでターンオーバーを正常にし、皮脂腺の詰まりを防げます。

 

 

大人ニキビの原因

大人になってからできるニキビを「大人ニキビ」と呼びます。

 

主にUゾーン(頬、あご、口周り)にできやすい特徴があります。

 

大人ニキビができるのは、思春期ニキビと同じく、皮脂分泌が過剰となり毛穴に皮脂が詰まってしまうからです。

 

ただし、大人ニキビの場合、女性ホルモンが影響しています。

 

生理前はホルモン分泌の影響で皮脂が増えてしまい、ニキビができやすいです。

 

これは自然なサイクルであり、仕方ないことであります。

 

しかし、大人ニキビの場合、それ以外で女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、ニキビを発生させるケースがほとんどです。

 

女性ホルモンのバランスを崩す原因は、主に「睡眠不足」「ストレス」「食生活に乱れ」「間違ったスキンケア方法」などが考えられます。

 

 

睡眠不足

大人になると残業や付き合いなどでどうしても睡眠不足になりがち。

 

十分な睡眠が取れないと肌の抵抗力が衰えて、アクネ菌が発生しやすい状態となります。

 

ホルモンバランスも崩れ、ニキビが大きく腫れやすいです。

 

ストレス

仕事や恋愛、人間関係などのストレスが続くと、脳の視床下部から副腎皮質ホルモンを出す指令が出ますが、このとき男性ホルモンも一緒に分泌されます。

 

男性ホルモンは、皮脂腺を刺激し、大量の皮脂を排出するため、毛穴に皮脂が詰まりやすい状況になるのです。

 

食生活の乱れ

夜間や間食の摂り過ぎなど、食生活のバランスが崩れると肌へも影響します。

 

外食やファーストフードなどには、多くの脂質や糖質が入っており、それを摂り過ぎるとニキビや肌荒れを招きます。

 

間違ったスキンケア

洗顔や保湿などスキンケアの手抜きはニキビを招きます。

 

ただし、洗浄力の強い洗顔料やゴシゴシ洗いは肌を乾燥させるのでNGです。

 

肌が乾燥すると角質が厚くなり、毛穴を塞ぐからです。

 

強すぎる洗顔料、ゴシゴシ洗い、肌を十分に保湿しない、これら間違ったスキンケアだとニキビは発生しやすく、治りにくいです。

 

「ととのうみすと」がニキビにもおすすめ理由

クレンジングしたあと、スプレーでシュシュっと肌に吹きかけるだけで毛穴汚れをスッキリ落とし、毛穴をキュッと引き締めてくれる「ととのうみすと」。

 

実は、ととのうみすとは、ニキビ予防やニキビ改善に大いに役立ちます。

 

先ほどもお伝えしたとおり、ニキビは「皮脂による毛穴の詰まり」と「肌の乾燥」この2つが原因でできてしまいます。

 

ととのうみすとは、毛穴汚れや皮脂をしっかり落とし、毛穴を引き締め、美肌菌を増やして肌に潤いを与えてくれます。

 

スプレーでシュシュっと肌に吹きかけるだけなのに、どうして頑固なニキビを予防・改善できるというのでしょうか?

 

その秘密は、ととのうみすとに配合された成分にあります。

 

「ととのうみすと」の成分

ととのうみすとには、不純粋を取り除いた「超純水」とマイナスイオンたっぷりの「アルカリイオン水」を使用しています。

 

超純水とアルカリイオン水は、毛穴の奥まで入り込み、クレンジングや泡では落としきれない毛穴の皮脂汚れをしっかりと落とすことが可能です。

 

強力な洗顔料や毛穴ケア商品は、皮膚を傷めつけてニキビ肌を悪化させてしまいます。

 

ととのうみすの場合、天然成分100%ですし、合成界面活性剤、鉱物油、アルコールなど添加物を一切使っていません。

 

皮膚を傷つけることなく、毛穴汚れを優しく吸着、排出することができるので、ニキビ肌のケアにはもってこい!

 

それに、皮脂汚れをスッキリ落とし、毛穴の塞がりがなくなれば、ニキビはできにくくなるでしょう。

 

また、ととのうみすとは、毛穴を引き締める作用のある「アーチチョーク葉エキス」を配合。

 

毛穴をキュッと引き締めることで、キメが整い、毛穴の開きや黒ずみが目立ちません。

 

そして、ととのうみすとには、肌の美肌菌を増やす「植物酵素」が65種類入っています。

 

目には見えませんが、肌には何種類かの細菌が棲みついており、肌に良い効果をもたらすのが美肌菌と呼ばれるものです。

 

美肌菌によって肌のうるおいが保ち、ターンオーバーが正常に働くようになります。

 

植物酵素には、この美肌菌を増やす作用があります。

 

口コミでも「ニキビができにくくなった」「ニキビが治った」といった声を多く目にしました。

 

白ニキビや黒ニキビなどニキビの初期段階であれば、ととのうみすとで改善することは十分可能です。

 

しかし、炎症した赤ニキビや化膿ニキビまで重症化した場合は、皮膚科など専門医から見てもらうことをおススメします。

 

まとめ

結論から言いますと、ととのうみすとは、ニキビで悩む人でも安心して使えます。

 

肌に優しい天然成分で、肌に触れることなく、スプレーでシュシュっと吹きかけるだけなので、ニキビ肌の人にはもってこいの洗顔料だと思います。

 

ととのうみすとは只今キャンペーン中です。

 

ぜひ、公式サイトをご覧ください。